ネイリスト 不器用

ネイリストになりたいが不器用でも大丈夫なのか?

ネイルスクールに通いたいけど、ネイリストになりたいけど、自分は不器用な方だから自信がないと思うかもしれません。
実際に入学してからもそう言って自信なさそうにしている人は少なくありません。
しかし、そういう人でもネイルスクールに通い卒業し、ネイリストとして働いています。
ここではそういった不安を解消させる事例を挙げましょう。

現役のネイリストのほとんどが自信のない人

ネイルスクールの体験レッスンに来る人の多くは自分が器用だと思っていません。
逆に不器用であったり、自信がない人の方が多いです。
それでも手に職をつけたいと思って入学することを選びます。
一つ言えるのは、みんなネイリストになりたいと強い気持ちを持っていること。
自信がないからこそ努力を重ね練習し、自分の技術を磨くことができます。

コツコツ練習できる人が活躍する

自信がないからこそ努力するという例を挙げましたが、スクールに入って技術向上となると一番大事なのはコツコツと練習に没頭できるかです。
もっと細かなアートを書きたい、コンクールで入賞したいなど目標を定め、それに向かって努力を重ねることが大切。
初めからそこそこ上手くても根気のない人は辞めてしまうことも少なくない、ネイルは厳しい業界です。
続けていくには器用不器用ではなく、このコツコツ練習を積み重ねることが大事。

雑誌で見るアートは難しい?そんなことはない

雑誌やカタログなどに載っているアートは、とても難しそうに見えますよね。
ネイルスクールの体験レッスンではそういったものの基礎になるアートなどを教えてくれます。
雑誌で見るようなアートもそのシンプルなものをちょっとずつ細かくしていっただけなんだとわかります。
不器用だから難しいと思うことはありません。
基礎を見れば自分にもできそうだという自信にも繋がってきます。

まとめ

「ネイリスト=器用」と思われがちですが、実は違うと言うことがわかって頂けると思います。
体験レッスンに行けば、スクールの生徒がどれだけ練習を重ねているのかなどもとてもよくわかります。

 

また、実際にネイルをしてもらう時のコツも聞くと自分でもできる!と身近に感じてもらえるのが体験レッスンです。
是非不器用だからと言わずに体験レッスンを受けてみてください。
ネイルに対する見方もそれまでと変わることでしょう。