ネイルスクール 講師 技術

ネイルスクールの講師の技術はどのくらい?

ネイルスクールの講師の多くは講師の資格を持っています。
しかし中には、ネイル検定のみを持っているもしくは検定を持たずに教えている講師もいます。
実際、ネイリストは国家資格ではないため無資格の講師でも問題はありません。
そういった場合、スクールから大体話を聞かされるので怪しむ必要もないです。

スクール講師の専門分野は様々

スクールでは初心者には基本から教えていきますが、一定のラインを超えると専門分野が分かれます。
フラットアート、3Dアート、エアブラシ、スカルプチュア、ジェルなど講師もそれぞれ専門の人がいることもあります。
技量は人それぞれと言ってしまえばそれまでですが、自分が極めたい技術の講師の授業を体験するといいでしょう。

無資格でも腕はある講師も実際にいる

エアブラシで有名な講師のいるスクールがありますが、その講師いわく、ネイル検定にエアブラシの科目はないのでエアブラシのみで施術するのなら資格を持つ必要はないとのこと。
確かにその講師の技術は素晴らしく、雑誌への掲載も多いです。
講師それぞれの実力は、持っている資格だけでは計れないことがよくわかります。

まとめ

ネイリストになろうと思うとサロン勤務が一番に思い浮かびます。
サロンは基本、ネイリスト技能検定2級以上の資格を持つ者、また経験者が採用されやすいです。
就職、実務経験などを考えるとやはり検定は取っておくほうがいいでしょう。

 

また、スキルアップしたいと思った時にも柔軟に動けます。
しかし、基本的な技術のみでは満足できない、型にハマったネイルをしたくないという人には、資格を要さない講師の元でも十分勉強はできます。
資格云々よりも、自分が尊敬する講師を選ぶというのも大事です。